ライフ

【おすすめ】人生で迷ったら読んでほしい本【人生はRPGだ!】

こんにちは!ウマロです。

いきなりですが、私たちは生きていく上で困難に直面することは絶対に避けられない生き物です。

あなたは自分に困ったことや辛いことが身に降りかかったとき、どのような対処をしていますか?

今回は「人生で大切なことはみんなRPGから教わった」という著者市村よしなり氏の本から、私がなるほどと思った人生に役立つアドバイスを3つご紹介したいと思います!

この本の概要としては、

著者が10歳のころ父親がリストラに会い、家族総出で夜逃げを経験した。

貧しく辛い少年時代を送ったが、手元にあったパソコンでゲームを作りながら、当時発売されたRPGゲームに人生を救われた。

その経験を元に人生の困難立ち向かうための教訓を、RPGゲームに例えてわかりやすく提示している。

こんな感じになっています!

あなたは、今まで遊んできたゲームに元気や感動をもらったことはありますか?

はじめに 主人公設定を定義しよう

まずこの記事を読んでいくに辺り、RPGのゲーム主人公」と「現実世界の主人公」の設定をはじめに定義したいと思います。

その理由は、もしその主人公が冒険の途中で困難にぶち当たった時に、

  1. ゲームの世界の中だったら、どうやって解決するかまず考える
  2. じゃあ、現実世界に置き換えるなら、どうやって解決する?

と考えていけばよりわかりやすくなると思うからです。

今回は以下の感じで考えていきましょう!

主人公設定

ゲームの主人公設定・・・はじめて訪れる街で右も左もわからず、とりあえず冒険者ギルドで手続きを行ったばかりの新米冒険者

まだスライムも倒したことがない新米冒険者

リアルの主人公設定・・・大学を卒業後、就職のために上京したばかりの新人社員

社会人1年目のフレッシュな新人社員

2人の立場から、私がこの本から得た「人生において役立つアドバイス」をご紹介していきたいと思います!!



はじめて訪れた街!でも右も左も分からない!!

わからないこと、困ったことがあったら、まず情報収拾からはじめてみよう!

あなたがゲームで、はじめての街にたどり着いた時、最初にとる行動は何ですか?

多くの人は「街の人と話をして情報収拾する」ところから始まると思います。

では、それはいったいなぜでしょうか?

理由は簡単で、「この街はどんな街なのか?」「どんな施設があるのか?」「どんなクエストを受けられるのか?」などなど、街に関する情報を知ることで、この先の冒険を有利に進めるためですよね。

では、これを現実世界に当てはめてみたらどうでしょうか?

新人社員の方は、研修が終わり配属された現場で右も左も分からず、はじめは不安になることが多い思います。

ですが、それはごくごく当たり前の事なんですよね。

そしてその不安を攻略するためには、自分が何をすべきかまず情報収拾をしなければなりません。

それは先輩や上司の方でもいいですし、ネットに転がっているなら調べてもいいでしょう。

困難に立ち向かうための1番の障害・恐怖となり得るのは「知らない」という事だと思います。

ですが、先輩や上司の方は新人のあなたが「知らない」ということを知っています。

なので、気にせず変なプライドは捨てて、どんどん積極的に情報収拾に励んでみましょう!

そうすれば、あなたの冒険(人生)攻略はもっと簡単にうまく行くはず。

いつか大魔王を倒すんだ!じゃあ、そのステップとして何をする?

未来の目標をしっかり定め、目の前の課題を着実にクリアしていこう!

大抵のRPGのストーリーは、「世界を混沌の闇に陥れる魔王を倒し、世界を救う」という最終的な目標が設定されているゲームが多いですよね。

あなたは最終的なその目標に向かってゲームを進めていくことに、何の迷いも起きないのではないでしょうか?

雑魚敵を倒してレベルを上げる作業も、中ボスを倒してイベントを進めることも苦にせず、なんならそれがあまりに面白いゲームだったら「クリアすることさえ惜しい」と思う時すらあるのではないでしょうか?

では、それはいったいなぜでしょうか?

それは、「自分が達成するべき最終的な目標がしっかり定まっているから」だと思います。

最終的な目標が定まっているからこそ、そこに至るに必要なレベルや装備を整えるために色々準備しますよね!

では、これを現実世界に当てはめてみたらどうでしょうか?

新人社員のうちは、はじめは簡単な仕事から徐々にレベルアップしていって、色々な仕事を任されていくことになると思います。

ですが、その過程で普段の仕事で「自分はいったい何のために働いているんだろう?」「何でこの職業を選んだんだろう?」「こんな面倒臭い仕事、何で自分がやらなくちゃいけないんだろう?」と疑問を覚えることがあなたにはありませんか?

なぜそんなことを考えてしまうのか?

それは、あなたに「自分は将来こうなりたい!そのためにはこの力が必要だ!」という目標と過程設定がしっかり定まっていないからではないでしょうか?

人は確実な未来を知ることは、絶対できません。(タイムマシーンができれば別ですが・・・)

ですが、自分が将来なりたい自分になる努力をすることはできます!

そのように意識しながら生活している人は、その後の人生の選択肢や可能性がどんどん広がっていくことは間違いないと思います。

そのために、今自分にとって本当に必要な過程は何なのか考えてみましょう。



失敗を恐れるな、失敗の先に必ず成功がある!

人生をより豊かにしていきたいなら、挑戦して失敗する以外に道はない!

RPGなら主人公のHPやMP、攻撃力や防御力が数値化されていて、ある程度の強さを把握することができ、かつリアルの人間と違って病気や怪我といったステータス異常は瞬時に回復することができます。

しかしそれでもボスにやられたり、ダンジョンの罠にかかって死んでしまったりすることだってあると思います。

でもゲームというものは、必ずクリアできるようにできていますよね。

では、それはいったいなぜでしょうか?

大前提として、わざわざお金を払って買ったゲームがクリアできないなんて、そもそもゲームそのものに問題があります。

たちまちそのゲームを開発したメーカーは非難され、もうゲーム業界に参入できなくなってしまうことでしょう。

ゲームのなかでプレイヤーに立ちはだかる困難は、少しの努力で成功できるように上手に調整されているんですよね。

なので、数回の失敗を経験してクリアすることで、プレイヤーに達成感を与える仕組みになっているわけです。

単調にクリアできるゲームなんて、それはそれでつまらないですもんね!

では、これを現実世界に当てはめてみたらどうでしょうか?

まず、あなたはあなた自身のステータスパラメータを具体的に数値化して把握できますか?

健康診断に行けば色々な数値を可視化できますが、それ以外にも私たち人間を構成している要素は多種多様で複雑で、ゲームのようにそう単純ではないですよね。

なので、一度何かに失敗したとしても自分のステータスやスキルが具体的に把握できないため「あとどれくらい失敗すれば、成功できそうか」というビジョンが掴めづらいのが、ゲームと大きく違うところだと思います。

そうなると、成功する前に諦めてしまい結局それまでやって来たことが無駄になってしまうということが起きてしまいます。

失敗が続けば、挑戦することさえ恐怖を感じることになるかもしれませんよね・・・。

諦めることも時には肝心ですが、やはりそれだけではゲームはクリアすることができないように、あなたの人生も豊かになってはいきません。

失敗を恐れてばかりでは、本来到達するはずのハッピーエンドを迎える前に途中でゲームオーバーする羽目になってしまいます。

だからと言って

じゃあ、失敗を続ければ必ず成功する見込みはあるのか!?

と聞かれれば

100%そうだ!

と胸を張って言えないのが現実です。

でも、挑戦もせず失敗もしない人生より、色々なことに挑戦してたくさん失敗した人生の方が、人生を豊かにする選択肢が広がっていくのは間違いないと思います!

まとめ「人生はクソゲーだ。でも素晴らしい」

今回は、「人生で大切なことはみんなRPGから教わった」という本から、私が学んだ人生における教訓について3つご紹介させていただきました!

ゲームの世界の主人公と違い、私たちの人生は思うようにいかないのが常です。

生きてれば辛いことや悲しいことが身に降りかかることがたくさんあります。

でもその時に、自分の今の状況をRPGの主人公に例えてみれば、困難にぶち当たった時の攻略法が見えてくるのではないでしょうか?

画面の向こうにいるあなたの分身は、どんな困難に会った時も必ず世界を救うという目標を達成するまで冒険をやめることはしないと思います!

人生はうまくいかないときは誰にとっても「クソゲー」です。

それを「神ゲー」にできるのは、あなたの人生の主人公である「あなた」にしかできません!

人生」というとてつもなく高難易度の一度きりのゲーム。

是非、最後はハッピーエンドを迎えられるようにしたいものですね。

それでは、今回はここまで!

ではでは〜♪( ´▽`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です