DeadbyDaylight

【DBD】トーテムの効果と役割について|初心者向け用語解説【2021年版】

こんにちは!ウマロです。

今回はDBDにおける「トーテム」の効果と役割について詳しく解説します。

DBDを始めて間もない方でトーテムにどのような効果や役割があるのか知りたい方は、ぜひこの記事を読んで理解してください。

また、トーテムに関連するパークもご紹介していますので併せて知識を身につけましょう!

こんな方にオススメです
  • トーテムの役割とは何か知りたい方
  • 呪いのトーテムが出現する条件を知りたい方
  • 恵みのトーテムについて知りたい方
  • トーテムに関連するパークについて知りたい方

トーテムとは?

儀式には毎回、頭蓋骨が合わさったような形をしたトーテムと呼ばれるものがランダムに5個配置されます。

生存者は、トーテムを浄化(破壊)あるいは清める(惠む)ことで追加のブラッドポイントを獲得することができます。

発電機とは違い、1つのトーテムを複数人で一緒に浄化したり清めたりすることはできません。

また、トーテムに対して浄化などのアクションを途中でやめてしまうと、進行度がリセットされ最初からやり直しになるので注意しましょう。

トーテムへのアクション中は「カランカラン」という骨が転がるような独特の音が鳴る為、殺人鬼が近くにいるときにアクションを行うのはオススメできません。

 

無力なトーテム・呪いのトーテム・恵みのトーテム

トーテムには以下の3種類が存在します。

  1. 無力なトーテム
  2. 呪いのトーテム
  3. 恵みのトーテム

無力なトーテム

そのままでは何の効果も持たないただの白いトーテムです。

 

呪いのトーテム

無力のトーテムとは異なり、オレンジ色の炎で燃えているのが呪いのトーテムです。

呪いのトーテムからは燃えるような「パチパチ」という音が鳴っています。

殺人鬼が呪術パークと呼ばれるパークを装備して儀式に挑んだ場合、無力なトーテムは呪いのトーテムへと姿を変えます。

呪術パークの効果が発動すると画面右にステータスアイコンが表示され、どの呪術パークが発動したかも合わせて確認できます。

生存者が呪いのトーテムを浄化すると呪術パークの効果を無力化することができます。

ただし、呪いのトーテムを浄化した時は「ボカーン」という爆発音が鳴る為、浄化したら素早くその場から立ち去るようにしましょう。

 

恵みのトーテム

青白い炎で燃えているのが恵みのトーテムです。

恵みパークと呼ばれるパークを装備した生存者が、無力または呪いのトーテムを清めることで恵みのトーテムに変えることができます。

恵み系パークを装備し、トーテムに近づくと専用アクションが実行できる

無力のトーテムを清めるためには16秒、呪いのトーテムを清めるためには24秒の時間が必要です。

恵みパークの効果を受けている間は、画面の周囲が青白く光り、画面右に恵み効果を受けているステータスアイコンが表示されます。

また、どの恵みパークの効果が付与されているのかは画面右下のアイコンから確認することができます。

殺人鬼は恵みのトーテムを蹴ることで恵みの効果を無力化することができます。(この時間はほんの数秒)

ただし、蹴ってもトーテムは破壊されず、恵みのトーテムが無力なトーテムへと変わるだけなので、生存者は再度トーテムを清めることができます。



トーテムに関連するパークについて

トーテムに関連するパークで特に採用率の高いものをいくつかご紹介します。

生存者側のパーク

恵み:シャドウステップ

固有パーク(ミカエラ・リード)
無力なトーテムまたは呪いのトーテムの付近でアビリティ発動ボタンを長押しすると、トーテムを清めて恵みのトーテムを作り出す。24メートルの範囲でやさしい鐘の音が鳴り響く。
恵みのトーテムの範囲内にいる生存者は赤い傷マークとオーラが殺人鬼に視えなくなる。効果は恵みのトーテムの範囲外に出た後も(2/3/4)秒間持続する。
トーテムは同時に1つしか清められない。装備したすべての恵みパークが恵みのトーテムで有効になる。

効果範囲内における赤い傷マークの足跡と殺人鬼のオーラ可視能力(バベチリなど)を無効化するパークです。

ただし、負傷状態の際に地面に落ちる血痕は残ります。

殺人鬼でプレイする場合、このパークの効果範囲でチェイスすると高確率で生存者を見失ってしまうので、率先してトーテムを蹴りたいところです。

 

恵み:癒しの輪

固有パーク(ミカエラ・リード)
無力なトーテムまたは呪いのトーテムの付近でアビリティ発動ボタンを長押しすると、トーテムを清めて恵みのトーテムを作り出す。24メートルの範囲でやさしい鐘の音が鳴り響く。
恵みのトーテムの範囲内にいる生存者は治療速度が(90/95/100)%上昇し、医療キットがなくても自己治療が可能になる。
トーテムは同時に1つしか清められない。装備したすべての恵みパークが恵みのトーテムで有効になる。

効果範囲内にいる場合、セルフケアや医療キットがなくても自己治療ができるパークです。

パークのレベルが3になると治療速度が100%となるため、完全回復までにかかる時間は16秒となります。(重症の場合は20秒)

 

殺人鬼側のパーク

呪術:誰も死から逃れられない

共有パーク
脱出ゲートが通電したとき、もし無力なトーテムがマップ上に残っていれば、この呪いが適用される。
この呪いが発動中、
・生存者が無防備効果に苦しむ
・移動速度が(2/3/4)%上昇する
呪いの効果は、紐づけられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

通称ノーワンと呼ばれるパークです。

発電機を5台修理し終えた時に、マップに無力なトーテムが残っている場合それが呪いのトーテムと変化します。

このパークが発動中は、生存者は殺人鬼の攻撃を1撃でも受けるとすぐにダウン状態になります。

対処法としては以下の3つです。

  • ノーワンを見越して予めトーテムを浄化しておく。
  • さっさと脱出する。
  • ノーワン発動後、呪いのトーテムを浄化する。

呪いのトーテムを浄化しない限りワンパン状態になるので、生存者側にとっては非常に厄介なパークになります。

 

呪術:破滅

固有パーク(ハグ)
生存者による修理が行われていない間、即座に発電機の修理進行が通常の後退速度の(100/150/200)%で自動的に後退する。
呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

発電機の修理を途中でやめてしまうと、通常より早く修理の進捗度が後退するパークです。

生存者側からしたら、このパークがあると無理にでも最後まで発電機を修理するか、呪いのトーテムを探す必要性に駆られます。

呪いのトーテムを探すことばかりに時間を取られ、そのうち殺人鬼に追われるという惨事になりかねないので、いかに生存者同士で協力し合えるかが脱出の鍵になります。

逆に殺人鬼側はわざわざ発電機を破壊する手間を省くことができ、更に破壊した時の倍のスピードで発電機の修理進行度を減らすことができます。

 

呪術:貪られる希望

固有パーク(ハグ)
生存者がフックから救助されたとき、24メートル以上離れていれば、このパークがトークンを獲得する。
2トークン:生存者を吊るしたあと、10秒後10秒間(3/4/5)%の迅速効果を受ける。
3トークン:生存者が無防備状態に苦しむ
5トークン:殺人鬼が自らの手で生存者を殺害できるようになる
呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

3トークン目から生存者がワンパン状態になる大器晩成型の呪術パークです。

このパークの効果が生存者側に判明するのは、3トークン目まで溜まって生存者に攻撃がヒットした時なのでなかなか見抜くことが難しいです。

貪られる希望が発動したら速やかに呪いのトーテムを浄化することをオススメします。

 

呪術:霊障の地

固有パーク(スピリット)
罠が封じられた呪いのトーテムが2個生成される。生存者が罠の呪いのトーテムのいずれかを浄化すると、すべての生存者が(40/50/60)秒間、無防備状態に苦しむ。残りの罠の呪いのトーテムは即座に無力なトーテムになる。

このパークは呪いのトーテムを浄化または清めることで効果が発動するパークです。

霊障の地が発動すると、一定時間の間、生存者がワンパン状態になります。

ゲーム開始直後に呪いのトーテムを発見した場合はすぐに浄化せず、発電機をちょい直しして破滅があるかどうか確認し、浄化した方が懸命です。

 

呪術:血の恩恵

固有パーク(ブライト)
生存者を負傷させると、その生存者の(24/28/32)メートル以内にあるパレットが15秒間エンティティによって固定される。固定されたパレットを倒すことはできない。
呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

アップデートにより強化された呪術パークで、殺人鬼の特殊攻撃(手斧やナイフなど)で負傷した場合にも効果が発動するようになりました。

負傷状態をばら撒きやすいリージョンに採用されることが多いです。

 

呪術:不死

固有パーク(ブライト)
呪術:不死の発動中、いずれかの無力なトーテムの(2/3/4)メートル以内にいる生存者のオーラが視える。
それとは別の呪いのトーテムを浄化するとそのトーテムの呪いは呪術:不死のトーテムに移動し、呪術:不死の呪いを解く。移動された呪いにあったトークンも一緒に移動する。

他の呪術パークが浄化された時、代わりに浄化されるパークです。

呪術:破滅や呪術:霊障の地などと組み合わせて採用されることが多いです。

 

呪術:玩具

固有パーク(セノバイト)
生存者を最初にフックに吊るした時、その生存者は呪縛状態に陥り、無力なトーテムで呪術:玩具が発動する。呪縛状態の生存者は呪術:玩具が浄化されるまで忘却のステータスに苦しむ。
呪縛状態の生存者は呪術:玩具のトーテムから(24/20/16)メートル以内にいるとそのオーラが視える。最初の90秒間は、呪縛状態の生存者のみがトーテムの浄化を行える。

忘却のステータスになると殺人鬼が接近した時になる”心音”が一切しなくなります。

呪術:玩具の影響を受けている生存者は画面の右下にパークアイコンが表示されます。

呪術:玩具の効果が付与された呪いのトーテムを浄化あるいは清めることで、効果を無効化できます。

ただし、効果が発動して90秒間は呪縛状態の生存者のみが対象の呪いのトーテムを浄化でき、他の生存者は呪いのトーテムを浄化することができません。(ロックされてます)



以上、今回は「トーテム」の効果と役割について解説しました。

この記事が今後のプレイの参考になれば幸いです!

 

それでは、今回はここまで!

ではでは〜♪( ´▽`)

DBDに関するまとめ記事はこちらから!

デッドバイデイライト記事まとめ本ブログで更新している「デッドバイデイライト(以下、DBD)」の記事をまとめて掲載しています。 ゲームの始め方やゲームのルール、そ...

[itemlink post_id=”13379″]

[itemlink post_id=”13380″]

[itemlink post_id=”13221″]

[itemlink post_id=”13222″]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA