ゲーム

【PS4版スカイリムSE】極寒の大地でサバイバル Day20【プレイ日記】

こんにちは!ウマロです。

言わずと知れた神ゲーPS4版The Elder Scrolls V: Skyrim SE」のプレイ日記20日目です。

前提として以下の縛りでプレイしていきます。

縛り内容
  • サバイバル系MODの導入。「飢え」「渇き」「疲労」の概念を追加する。
  • 難易度「レジェンダリー」固定。
  • メイン武器は1つしか持てない
  • メイン武器以外の武器は、冒険の途中で拾うことはできない。
  • 装備できる武器は「弓」のみ。
  • サブは「ダガー」系武器。(あくまで護身用という設定)
  • 魔法禁止
  • ファストトラベル禁止(馬車移動は可)
  • 従者禁止(ただし、特別なクエストは除く)
  • 軽装+重装の装備禁止

今後、縛り内容を変更するかもしれません。

自由と狂気が渦巻く、極寒の大地スカイリムを主人公目線で冒険して行きます!

故ロキール
故ロキール
やあ、みんな!解説役のロキールだぜ。

このプレイ日記では主人公である「リムこ」の冒険を追いながら、俺がところどころストーリー解説を交えつつ進めていくぜ!よろしくな!

前回のあらすじ

前回の記事はこちら:「極サバ」プレイ日記Day19

アルドゥインの壁が眠るとされるスカイヘブン聖堂にブレイズの生き残りであるデルフィン、エズバーンの3人でやってきたリムこ。

そこには薄気味悪いドクロ像がリムこたちを行く手を塞いでいた。

この先に進むには、ドラゴンボーンの血が必要だと告げるエズバーン。

リムこは自分の掌をナイフで切り血の印に自ら血を流した。

仕掛けが解除され、その先には目的の「アルドゥインの壁」があった。

そこに描かれていたのは、空飛ぶドラゴンをシャウトによって引きずり落とす、なんらかのシャウトの絵だった。

そのシャウトがアルドゥインを倒す方法だと知ったリムこは、声の達人たちが住まうハイ・フロスガーに三度訪れる。

グレイビアードの1人、アーンゲールに協力を仰いだところ、初めはいい顔をしなかったが、同志アイナースの天からの説教によって、しぶしぶ協力してくれた。

アーンゲールの話によれば、そのシャウトを知っている人物はパーサーナックスという名前で、ハイ・フロスガーの山の頂で隠居生活をしているというのだ。

ハイ・フロスガーの先は酷い吹雪に見舞われており、常人は立ち入ることはできない。

そこで、アーンゲールはリムこにグレイビアードが送る最後のシャウトを伝授すると言う。

晴らすシャウト「晴天の空」

アーンゲールがハイ・フロスガーの先に進むためのシャウトを教えてくれるらしいわ。

例のごとく地面にささやきかけると、文字が現れた。

それも一気に3度も!

ポン!

ポン!

ポン!

(゚ω゚)「新しいシャウトは晴天の空、空・春・夏?」

アーンゲール「止まらず、己の目標に心を定めていれば、山頂にたどり着けるだろう」

このシャウトで吹雪を払うことができるのね!

ありがとう、アーンゲール!

(どうやらこのシャウト、吹雪だけじゃなくて、天候も操れるみたいね・・・)

故ロキール
故ロキール
「晴天の空」は雨や雪が降った時に空に向かって叫ぶと、晴らすことができるぞ!その他にも屋外限定だけど、「揺るぎなき力」のように相手をよろめかす効果もあるから使いどころは多そうだ!

まあ、とりあえず叫んでみましょうか。

(すぅ〜)

( ゚д゚)「ロク・ヴァー・コール!!」

( ゚д゚)「す、すごい衝撃!」

叫んだ自分が思わずよろめいてしまうほどの強力なシャウトね。

と、とりあえず、これで先に進めるようになったから、パーサーナックスに会いに行きましょう!

ふう〜、寒い寒い〜(薄着で登山するアホ)



世界のノド

吹雪をシャウトで晴らしながら先を進んでいくと、道中に氷の精霊やフロスト・トロールが襲いかかった来たわ。

まあ、大した敵じゃなかったけど!

で、それからしばらく進むと・・・

( ゚д゚)「こ、ここがスカイリムの頂点に位置する場所?」

すると、どこからか翼をはためかせる音が聞こえてきた。

(゚ω゚)「うん?」

パサパサパサ(翼をはためかせる音)

( ゚д゚)「ファッ!?」(デデドン)

あ、あれは間違いなくドラゴンよね??

私が動揺しているのをよそに、そのドラゴンはゆっくりと地面に降りてきた。

パーサーナックス「ドレム、ヨル、ロク。よく来た、ウンドゥニーク。私はパーサーナックスだ」

( ゚д゚)「あ、あなたがグレイビーアード達がいう声の達人なの?」

パーサーナックスって、人ではなくてドラゴンだったの!?

パーサーナックス「答えろ。なぜここに来た、ヴォラーン?なぜ瞑想の邪魔をする」

私の動揺をよそに話しかけてきたパーサーナックス。

と、とりあえず単刀直入に話させてもらうわよ。

( ゚д゚)「アーンゲールからあなたが「ドラゴンレンド」というシャウトについて知っていると聞いたんだけど?」

パーサーナックス「ドレム。待て。ドレヴ同士が最初に出会ったときには、守らねばならぬ儀礼というものがある」

(゚ω゚)「え?それはどういう?」

パーサーナックス

パーサーナックスが言う、「ドレヴ」って同じドラゴンの血を持つもののことだと思うけど、一体何を始めようというのかしら?

パーサーナックス「我がスゥームを聞け!その骨で感じろ!ドヴァーキンならば立ち向かって見せよ!」

パーサーナックスはそう言うと、「言葉の壁」らしき石壁に向かって炎を吐いた!

その炎は文字を刻み、シャウトの文字になったわ!

また私に新しいシャウトを覚えろというの?

パーサーナックス「”言葉”が呼んでいる。そこに向かうがいい」

言われるがまま「言葉の壁」の前に

パーサーナックスから新しいシャウト「ファイアブレス」を教えてもらったわ!

でも、どうしてこのタイミングで教えてくれたのかしら?

パーサーナックス「その力を見せてもらおう。定命の者ではなくドヴァーとして迎えよ!」

なるほど、私が本当にドラゴンボーンであるということをシャウトを使って証明してみろってことね!

で、こちらが新しく覚えたシャウト「ファイアブレス」。(なお強さは1段階目の模様)

こんなの普通の人間が食らったら大火傷じゃすまい気がするけど、まあ相手はドラゴンだし多少はね?

(すぅ〜)

( ゚д゚)「ヨルッ!」

叫びとともに、勢いよく私の口から炎が飛び出したわ!

あ、叫んでから気づいたけど、私の口は大丈夫なのか心配してなかった(アホ)

パーサーナックス「ああ・・・まさに!ソッセドヴ、ロス、ムル。お前の中に竜の血脈が強く流れている。同じ種族の者と話したのは随分と久しぶりだ」

炎を全身で浴びたことで、彼は私を認めてくれたみたい。

エルダーの知識

今ならパーサーナックスから「ドラゴンレンド」についての情報を聞き出せそう!

(ここからパーサナックスの顔だけ写したSSしかなかったため、吹き出しで書いていきます)

リムこ
リムこ
改めてだけど、「ドラゴンレンド」について何か知っていることはない?
パーサーナックス
パーサーナックス
ああ、アルドゥインに対抗する武器を探しているのか。しかし、悪いがお前の求めているスゥームの事は知らない。
リムこ
リムこ
ええ?アーンゲールは、あなたなら何か知っているって言っていたのよ?
パーサーナックス
パーサーナックス
ふーむ。しかし、なぜそのスゥームを習いたいのだ?
リムこ
リムこ
決まってるじゃない!あのアルドゥインによる世界の破滅を阻止するためよ!
パーサーナックス
パーサーナックス
なるほど。アルドゥイン・・・。彼は世の長子にありがちな、有能で、貪欲で、そして厄介な兄だ

アルドゥインがドラゴン達の長的なポジションにある事は分かっていたけど、相当な力を持っているのは間違いないわ。

だって、同じドラゴンを復活させるほどだし・・・

パーサーナックス
パーサーナックス
だが、なぜお前がアルドゥインを止めねばならぬ?
リムこ
リムこ
アルドゥインの壁の予言によれば、彼を止められるのはドラゴンボーンである私だけなんだって
パーサーナックス
パーサーナックス
ふむ。そうだな。しかし、予言が伝えるのは可能性であって、必然性ではない。”できる事”が常に”すべき事”であるとは限らないぞ
リムこ
リムこ
一体なにが言いたいの?このままアルドゥインの好きなようにさせる訳にはいかないわ!そして、それができるのは私だけなのよ!?
パーサーナックス
パーサーナックス
運命より他に動機はないのか?お前はただ・・・宿命に弄ばれるだけの存在なのか?
リムこ
リムこ
!?

私がアルドゥインを止める理由?

そんなの決まってるじゃない。

この世界を守りたい、ただそれだけの動機じゃダメなの?

それに思えばあの時ヘルゲンで、もしアルドゥインが現れなかったら私の命はあそこで終わっていた。

Day1より

それが神様の思し召しかどうかわからないけど、もらった命を無駄にはできない。

リムこ
リムこ
運命なんて信じてない。けれど、アルドゥインは絶対に止めてやるわ!
パーサーナックス
パーサーナックス
そうか・・・。だが、アルドゥインは奴なりの理由で、自分は勝ち残ると信じている
リムこ
リムこ
奴なりの理由?
パーサーナックス
パーサーナックス
奴は愚かではない。愚かさとは無縁だ。生まれながらに最も賢く、最も先を見通している
リムこ
リムこ
一筋縄では絶対いかないことは分かっていたけど、同じドラゴンであるあなたから聞くと、説得力がハンパないわね
パーサーナックス
パーサーナックス
ところで・・・私がなぜ、お前達が「世界のノド」と呼ぶモナーヴェンの頂きに住んでいるのか・・・お前は知っているか?
リムこ
リムこ
なんだか話が脱線してきている気がするんだけど?
パーサーナックス
パーサーナックス
ドレム。待て。今答えているところだ。
リムこ
リムこ
あ、はい
パーサーナックス
パーサーナックス
ここはスカイリムで最も神聖な山なのだ。古代の舌、すなわち初めて声の達人となった定命の者が、ここでアルドゥインに戦いを挑み、打ち破った
リムこ
リムこ
打ち破ったということは、彼らは「ドラゴンレンド」を使い、彼を一度葬ったってこと?
パーサーナックス
パーサーナックス
いや、アルドゥインは完全に敗れたわけではない。そうであれば、お前がここに来ることもなかった
リムこ
リムこ
あ、確かにそうね。じゃあ、アルドゥインは逃げた?
パーサーナックス
パーサーナックス
当時のノルドが使った「ドラゴンレンド」は、アルドゥインの動きを封じた。だが十分ではなかった
リムこ
リムこ
じゃあ、動きを止めてその後はどうしたの?
パーサーナックス
パーサーナックス
『星霜の書』。彼らはそれを用いて・・・奴が時の流れに彷徨うように仕向けたのだ
リムこ
リムこ
『星霜の書』?それは何なの?
パーサーナックス
パーサーナックス
それは・・・時を超えた秘宝なのだ。存在しないが、常に存在するもの。つまり・・・うむ・・・創造のかけらなのだ

グレイビーアードのマスターらしからぬ、なんだかハッキリしない物言いね。

パーサーナックス
パーサーナックス
お前達の言う『星霜の書』の数々は、預言書として用いられている。そう、お前の予言は、ある星霜の書の中にあるものだ
リムこ
リムこ
つまり、こうやって私が存在していることも、その『星霜の書』に預言されているってこと?なんだか、全ては神の掌の上で転がされてるって感じね
パーサーナックス
パーサーナックス
古代ノルド人達はアルドゥインを時の流れに送り込んだと言ったな。それは、アルドゥインを倒すことができるドラゴンボーンがいる時代に、彼を飛ばすためだったのだ。
リムこ
リムこ
な、なんですって!?なんかとてつもない厄介ごとを、なすりつけられている気分なんですけど!

古代ノルド人達は、自分たちの時代ではアルドゥインを完全に葬り去ることができなかったから、未来に存在するドラゴンボーンにその使命を託したわけね。

なんと強引な策なの。(困惑)

リムこ
リムこ
その『星霜の書』はどうやってアルドゥインを時間の彼方へ飛ばしたの?
パーサーナックス
パーサーナックス
分からない。おそらくそれを使うことで、時の中からそれにまつわる記憶を消すのだろう

うーん、いまいちよく分からないわね〜。

まあ、ひとまずここは『星霜の書』には凄まじい力があるってことを覚えておきましょう。

パーサーナックス
パーサーナックス
彼らには、早まった行動を取らぬよう忠告した。それが何をもたらすのか、私にも分からなかったからだ。だが誰も耳を貸さなかった
リムこ
リムこ
え?つまり、当時あなたもそこにいたの?
パーサーナックス
パーサーナックス
そうだ。我らの中にもアルドゥインの圧政に対抗した者達がいた。人間が立ち向かうのに力を貸したのだ

そう言えば、ハイ・フロスガーを登ってくる途中の石標には、ドラゴンが人に手を貸したって記述があったわね。

Day7より

パーサーナックスみたいに、古来から人間に力を貸してくれるドラゴンがいたのは確かなのね。

パーサーナックス
パーサーナックス
しかし、彼らは我々を信じなかった。彼らの最奥議会は、我らの目から隠されたのだ
リムこ
リムこ
そうだったの・・・。同じドラゴンからの助言には耳を貸さなかったのか・・・
パーサーナックス
パーサーナックス
古代ノルド人がアルドゥインにしたことによって、ここでは時が・・・砕けてしまった。時を壊すために使われた星霜の書を用いることで・・・お前を過去に遡らせることができるかもしれん。壊れた時間の彼岸にな。ドラゴンレンドは、生み出したもの達から直接習うがよいだろう
リムこ
リムこ
つまりは、星霜の書を探して、ここに持って来いって言うのね。星霜の書がある場所については、検討があるの?
パーサーナックス
パーサーナックス
いや、この地に住み始めて以来の長き間に何があったか、ほとんど知らないのだ
リムこ
リムこ
はあ〜、つっかえ
パーサーナックス
パーサーナックス
己の直感を信じろ、ドヴァーキン。その血が道を示してくれる

恐ろしほどの投げやり感!



ドラゴンレンドの手がかり

パーサーナックスと話した後、アーンゲールに『星霜の書』について聞くために、ハイ・フロスガーに戻ってきたわ。

アーンゲール「そうか・・・パーサーナックスと話したのだな。竜の血脈がお前の中で眩しく燃えているぞ」

彼がドラゴンだってことにも驚いたけど、それ以上に驚いたのは、アルドゥインは古代ノルド人達によって現代に飛ばされていたと言うことよ!

と、まあそれはさておき、あなたに聞きたいことがあるの!

(゚ω゚)「古代ノルド人が使ったって言う『星霜の書』がどこにあるか分かる?」

アーンゲール「我々がその書を気にした事はない。当の神々でさえそれに手を加える事には恐れを覚えるのだ」

うーん、やっぱり何も分からないか・・・。

アーンゲール「見つけられそうな場所となれば・・・そのような書は、ウィンターホールドの魔術師達がいつも商売道具として持っている類のもの」

( ゚д゚)「えっ!?魔術師が商売道具として持ってる!?」

そんな安安と手に入るものじゃないんと思うんですが、それは・・・

アーンゲール「彼らであれば星霜の書について何か教えられるかもしれん(ビシッ)」

まあ、そんなに言われちゃ、他に手がかりもないし行ってみるしかなさそうね。

次回

パーサーナックスから、今この世界で起きている全ての出来事は『星霜の書』と呼ばれる預言書に記されていることがわかった。

そこには、文字通りこの先の未来のことについても書かれているらしい。

「ドラゴンレンド」を手に入れるためには、何としても『星霜の書』を探し出さなくちゃいけないらしいわね。

次に向かう場所は、スカイリム最北端の街「ウィンターホールド」

そこは魔術師達の大学があるらしいわ。

( ゚д゚)「わ、私、魔法はど素人だから大学に入れるかどうか、めちゃめちゃ不安なんですが・・・」

故ロキール
故ロキール
今回はここまで!

遂に物語の核心に迫る話をパーサーナックスから聞けたリムこ。なんとリムこはアルドゥインを倒すために古代の人々が待ち望み、そして未来を託した存在だったんだな!

次回から、世界の過去と未来を預言する『星霜の書』を探す旅が始まるぞ!

次回も楽しみにしてくれよな!

次回:盗まれたスイートロールが見つかったら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です