ゲーム

【PS4版スカイリムSE】極寒の大地でサバイバル Day2【プレイ日記】

こんにちは!ウマロです。

言わずと知れた神ゲーPS4版The Elder Scrolls V: Skyrim SE」のプレイ日記2日目です。

前提として、以下の縛りでプレイしていきます。

縛り内容
  • サバイバル系MODの導入。「飢え」「渇き」「疲労」の概念を追加する。
  • 難易度「レジェンダリー」固定。
  • メイン武器は1つしか持てない
  • メイン武器以外の武器は、冒険の途中で拾うことはできない。
  • 装備できる武器は「弓」のみ。
  • サブは「ダガー」系武器。(あくまで護身用という設定)
  • 魔法禁止
  • ファストトラベル禁止(馬車移動は可)
  • 従者禁止(ただし、特別なクエストは除く)
  • 軽装+重装の装備禁止

今後、縛り内容を変更するかもしれません。

自由と狂気が渦巻く、極寒の大地スカイリムを主人公目線で冒険して行きます!

故ロキール
故ロキール
やあ、みんな!解説役のロキールだぜ。

このプレイ日記では主人公である「リムこ」の冒険を追いながら、俺がところどころストーリー解説を交えつつ進めていくぜ!よろしくな!

前回のあらすじ

前回の記事はこちら:「極サバ」プレイ日記Day1

無実の罪で処刑されると思ったら、ドラゴンが現れて命拾いしたでござる。

ドラゴンの襲撃から辛くも逃げ延び、リムこは命の恩人であるハドバルとともに「リバーウッド」という村を目指すことに。

リバーウッドへ

(╹◡╹)「ドラゴンいなくなっちゃったね・・・。」

ふうー、どうやら危機は脱したみたい。

とりあえず、落ち着けるところに移動したいから、このままハドバルについていくことにするわ。

何でも、ここから少し歩いた先に、彼のおじさんが住む「リバーウッド」っていう村があるらしいじゃない。

どこにいく当てもないし、こんなみすぼらしい格好で出歩いたらたまったもんじゃないわ!

故ロキール
故ロキール

大抵の場合は、チュートリアルの段階で、武器や装備は手に入るが、今回は縛りプレイなので、この時のリムこはボロ切れ一つしか持ってないぞ。

村に行く道中、ハドバルがいきなり昔話を話し始めた。

山の向こうに見える「ブリーク・フォール墓地」ってところは、「ドラウグル」っていうお化けがたくさん住み着いている危険な場所なんだって。

え、何でそんな話をいきなり・・・(戸惑いレシピ)

多分、私には縁のない場所だと思うけど、なんか近々行かなければいけないような気がする。(名推理)

ここから見る感じだと、結構標高が高いところにあるのね。

またまた、スポットを発見!

ここは「大守護石」っていう場所らしい。

石碑を調べることで、「恩恵」を得ることができるらしいわ。

せっかくだし、ご利益にあづかりましょうか。

えーと、どれにしようかなー。

あら、「盗賊座」なんてものがあるのね。

他にも「戦士座」、「魔術師座」なんてものもあったけど、一番惹かれるのはやっぱり「盗賊座」ね!

故ロキール
故ロキール

守護石を調べることで、スキル上昇にボーナスがついたり、ステータスが上昇したりなどの恩恵を受けることができるんだ。

ただし、恩恵を受けられるのは「1つ」までなので注意が必要だ。新しい恩恵を受ける場合は、今の恩恵が上書きされるぞ。

守護石の恩恵は、その場所まで行って守護石を調べなければならないが、何度でも付け替えは可能だ。

ちなみにスカイリムには全部で「13種類」の守護石が各地に存在するぞ。

「盗賊座」を選んでドン引きしているハドバル氏。

いや、戦士とかむさ苦しそうだし、魔法とかインテリぶったものは性に合わないし、多少はね?

ワタシ、マダワルイコトシテナイヨ。

そして、しばらく歩くと、ついに「リバーウッド」に到着!

ここがリバーウッドね。

思ったよりこじんまりとした村だけど、住心地は良さそうね。(唐突の居住宣言)



優しいアルヴォアおじさん

ハドバルが知り合いのおじさんを紹介してくれたわ。

村で鍛治屋をやっている「アルヴォア」だって。

いきなりの訪問でびっくりしていたみたいだけど、とりあえず家に案内してくれるみたい。

優しいなー。

アルヴォアおじさんの家に招かれたら、ヘルゲンで何が起こったのか、ハドバルが話してくれたわ。

ヘルゲン」(リムこ達が冒頭搬送されていた村)にドラゴンが現れたこと、その襲撃から命からがら逃げてきたこと。

全て真実のことだけど、アルヴォアは信じられないみたい。

まあ、いきなりドラゴンが現れたって言っても、普通の人は信じられないわよね。

でも、私たちの様子を見て、嘘ではなさそうだと思ったみたい。

話がわかる人だわ。

そして、必要最低限の物資を私に分けてくれた。(鍛冶屋の鏡)

本当に親切な人だ。何か恩返ししないとバチが当たりそうね。

見ず知らずの私に食べ物や薬、服までくれるなんて。

圧倒的感謝。

私に何か役に立てることはないかと思っていたら、アルヴォアが「ホワイトランに行って、首長に護衛用の兵をリバーウッドへ出兵させるよう要請してくれないか」と頼まれたわ。

ドラゴンがもし、リバーウッドを襲ってきたら誰も対抗できる人がいないから心配よね。

でも、「ホワイトラン」ってどこにあるのかしら?

どうやらホワイトランという街は、ここスカイリムのほぼ中央にある街らしいわ。

ここからそれほど遠い場所でもなさそうだから、喜んで!

でも、今日は疲れたから、一旦休みましょう。

故ロキール
故ロキール

ここでアルヴォアやハドバルから、スカイリムが今どういう状態にあるのか話を聞くことができるぞ。

なぜ、ストームクロークの指導者である「ウルフリック」が処刑されなければならないのか?なぜ、帝国軍とストームクローク軍が争っているのか?ストーリーの根幹を貫く重要な話なんだ。(まあ、スカイリムはメインストーリーはおまけみたいなもんだけどな)

(ぐう〜)

あ、安心したからか、急にお腹が空いたわ。

アルヴォアからもらった、「りんご」でも食べようかしら。

(パクッ)

(゚ω゚)「うん?」

チーン。(唐突の死)

( ゚д゚)「ファッ!?」

デデドン

い、今起こったことをありのまま話すぜ、私はりんごを食べたと思ったら、次の瞬間には死んでいた。

な、何をいっているか分からないと思うが、私にも何が起こったか分からなかった。

「りんご」を食べたショックで死ぬとか、どんなクソザコナメクジなんですかねぇ?(他人事)

故ロキール
故ロキール
これは、「Simple Survival – Eat, Drink, Sleep」っていうMODの影響によるものだぞ。このMODは、主人公に「飢え」「渇き」「疲労」の概念を付与してよりリアルな冒険を楽しめるMODだ。この縛りプレイのとても重要なMODなんだ。詳しいMOD解説は、この記事で解説しているから興味のある奴は見てくれよな!
【PS4】スカイリムSE おすすめサバイバルMODこんにちは!ウマロです。 今回はPS4版スカイリムSEでサバイバル生活を送りたい人に必見なMODをご紹介します! ここでいう...

リバーウッドの人々にご挨拶

アルヴォアの家で休ませてもらったら、ちょっとリバーウッドを探索してみたくなったわ。

アルヴォアからの頼みごともあるけど、身支度を整える意味でも色々探索してみましょう。

雑貨屋「リバーウッド・トレーダー」

リバーウッドには、「リバーウッド・トレーダー」と言う雑貨店があるようね。

お店は、「ルーカン・バレリウス」と妹の「カミラ・バレリウス」二人で経営しているみたい。

お店に入るやいなや、二人で何か言い争ってるわ。

一体どうしたのかしら?

ちょっと話でも聞いてみましょうか。

ルーカンの話だと、盗人に店の商品を盗まれたらしい。

装飾品の類らしいけど、どういったものを盗まれたかは詳しく話してくれなかったわ。

金色の爪の形をした装飾品って?あんまりピンと来ないわね。

って言うか、店には他にも色々商品があるのに、なんで盗人はそれを盗んでいったのかしら。

まあせっかくだし、ルーカンの頼みを聞いてみることに。

盗人は「ブリーク・フォール墓地」に向かったらしい。

あれ?その場所、さっき聞いたような?

「ブリーク・フォール墓地」への道案内をしてくれるカミラ。

墓地にいる盗賊はイかれてるって、え何それ怖い。

いやそれ以上に、古いトラップとかトロールとか、そっちの方がメチャクチャ怖いんですがそれは・・・。

た、探索に向かうには、まだまだ準備が足りないわね。

そ、そのうち、出かけることにするわ。:(;゙゚’ω゚’):(ガクブル)

宿屋「スリーピング・ジャイアント」

冒険を進めるには、まずは宿屋で情報を集めるのは鉄則よね!

リバーウッドの宿屋は「スリーピング・ジャイアント」っていうのね。

名前の由来が気になるけど、昔巨人がお客として来店したのかしら?

まさかね・・・。

宿屋の受付を担当している「オーグナー」。

なんか愛想のない人だけど、そういう人嫌いじゃないわよ。

接客ゴリゴリの人って、苦手なのよね。

オーグナーからは、スカイリムのいろんな情報を聞くことができたわ。

手に入れた情報

・魔法を学ぶには「ウィンターホールド大学」に行くといい。(興味関心ゼロです)

ヘルゲンにドラゴンが現れたらしい。(いや、それ知ってますが・・・)

アベンタス・アレティノっていう少年が何やら怪しい儀式をしているらしい。(個人特定されてるアレティノくん、何しでかしたし)

・リーバーウッドでは、ちょっとした三角関係でもめているらしい。(あ、そう)

リフテンに顔を変えることができる人がいるらしい。(整形手術してくれるの?まあ、私には必要ないわねwww)

なーんか、いまいちパッとしない情報ばっかね。

でも、リバーウッドでの情報が少し気になるし、ちょっと話でも聞いてみますか。

故ロキール
故ロキール

各町の宿屋では他に、「賞金首クエスト」を受注することができるぞ。賞金首の手配状を受け取ることで、マップに居場所が反映され、賞金首を倒して宿主に報告すると、報酬として賞金がもらえるんだ。このクエストは繰り返し受注できるから、金策にはもってこいなんだ。でも、初めのうちはちょっと難易度が高いし、いきなり遠くの場所まで行かないといけない場合もあるから、後回しにした方が無難だな。

そして、宿屋を仕切っているもう一人の人物「デルフィン」。

あら?あなた、人に嫌われる才能がありそうね。(直球)

って言うか、スカイリムの全冒険者たちから嫌われている気がするわ。(名推理)

御愁傷様。

それに、よそ者について把握するって、なんのために??

恋の三角関係を解決するリムこ

さて、さっきオーグナーから聞いた、恋の三角関係の一人が、この「スヴェン」ね。

えーと、「ファエンダル」って人と、「カミラ・バリレウス」を取り合っていると。

カミラは、リバーウッド・トレーラーにいる女の人よね。

ファエンダルって人は誰かしら?

すると、唐突にスヴェンが私に手紙を渡してきた。

この手紙をカミラに渡して欲しいって。

しかも、手紙を書いたのはファエンダルっていうことにしてだって!

なんかめんどくさいわね。

って言うか、あんたが直接渡しなさいよ!

まあ、いいけど。

渡してあげるんだから、少しくらい中身を見てもいいわよね?

(どれどれ・・・)

親愛なるカミラ

確かに私は何度もあなたの家を訪れているし、我々は少しずつ親密な関係になっているのかもしれないが、私に対して抱いている欲求はすべて捨ててほしい。

私は生粋のヴァレンウッド人だ。インペリアルをめとることで我が血を汚すのは決して許されない。

我々が真の友でいられるように願っている。アルドメリ自治領でのあなたの民の役割を理解しているのであれば、同様に私のことも尊重してほしい。

心を込めて、ファエンダルより

これ、完全に捏造じゃない!!

あの金髪キモロン毛!

ファエンダルを悪者にしようとして、自分は罪を逃れるつもりね!!

(手紙を渡した私も嫌われそうじゃない!?)

サイテー!!

この手紙は、スヴェンがよこしたものだと、正直にカミラに伝えましょう!

カミラさーん、この手紙見てみて!

ファエンダルが書いたようにって見せかけるために、スヴェンが私によこした手紙よ。

スヴェンてば、最低よねー!(スヴェン one kill)

男の風上にもおけないわ!(スヴェン double kill)

あんなやつ、スキーヴァーの餌にでもされればいいのよ!!(スヴェン over kill)

そのあと、スヴェンの恋敵であるファエンダルに報告。

ちょっとした小遣いをくれたわ。

お金のためにやったわけじゃないけど、ありがたくいただいておきましょう。

弓を背負っているあたり、あなたも狩人なのね?

あなたなら、カミラを幸せにしてくれると信じてるわ。

そして、私が協力しなかったことにすっかり拗ねてしまったスヴェンくん。

「面倒以外の何物でもないよ」だって。

お〜、負け犬の遠吠えだわ〜。

男なら、正々堂々戦いなさいよね!

故ロキール
故ロキール

このサブクエスト。実は、スヴェン、ファエンダルどちらか協力した方を「従者」にできるぞ。「従者」とは、他のRPGゲームで言う「仲間」だな。従者として主人公の冒険に付き添ってくれるぞ。その他にも荷物を預かってくれるから、大変重宝するぞ。

ただし、普通に死んでしまうから注意が必要だ。危険な戦闘には、なるべく参加させないようにしよう。

リバーウッドを築いたご夫婦

この「ホッド」って言う人がリバーウッドの村長みたいな人なのかしら?

どうやらこの村は、木こりで生計を立ててるみたいね。

そういえば製材場の近くに、薪を割れる場所があったから、私もやってみようかしら。

この人は、ホッドのお嫁さんの「ジャルデュル」ね。

ホワイトランの首長に税金を払ってるって、他の住人はどうなのかしら?

優しそうな夫婦が村長を務める村。

まさに、絵に描いたような平和な村ね。



次回、身支度を整えホワイトランへ!

一通りの村人と話をすることができたし、そろそろホワイトランに向かいましょうか。

武器はハドバルからもらった弓があるし、道中オオカミなんかが現れてもなんとかなるでしょう。

ドラゴンがリバーウッドをもし襲ってきたら、誰も太刀打ちできないでしょうし。

早く首長さんにリバーウッドに兵を送るように、お願いしに行かなきゃ!

故ロキール
故ロキール

今回はここまで!次回は、ホワイトランを目指し、首長にドラゴンが現れたことを報告しに向かうぞ!!

次も楽しみにしてくれよな。

おまけ① 「錬金術で薬作ってみた」

スリーピング・ジャイアントにあった「錬金器具」でオーグナーから薬の作り方を教わったわ。

せっかくだしちょっと、試してみようかしら。

えーと、オーグナーの話だと「小麦」と「ブリスターワート」を組み合わせることで回復ポーションを作れるのね。

錬金素材って、たくさんあるけどイマイチ効果がわからないのよね。

まあ、そのうち慣れていきましょう。

錬金素材は安いし、町や外にもたくさん落ちてたりするから、お店で薬を買うよりは経済的ね。

故ロキール
故ロキール

冒険を楽にしてくれる薬アイテムは、自作することでお金を節約できたり、極めれば市販のものより強力な効果を持った薬を作ることができるぞ。また、そういった薬は高値で売れるから金策にもなるんだ。

錬金に関しての情報は長くなるから簡単に説明すると、錬金素材ひとつひとつには体力回復や炎耐性みたいな効果が4つずつあって、同じ効果のものを組み合わせることで薬ができるんだ。

でも、素材にどんな効果があるかは最初はわからない。素材をそのまま食べることで、効果を1つだけ発見することができるぞ。

あとは、闇雲に組み合わせを探してみるか、レシピを買うかして作れる薬のバリエーションを増やしていくしかないな。

おまけ② 「木こりでお小遣いを稼いでみた」

製材場の近くに薪割りできそうなスペースがあったわ。

ちょっと、一仕事やりますか!

薪を割るには当たり前だけど「木こりの斧」がいるから、そこらへんに転がってたものを頂戴したわ。

ヨイショ!

うう、腰に来そうね。これこそ肉体労働の醍醐味!!

ホッドは毎日こんな仕事してるのね。尊敬するわ。

故ロキール
故ロキール

町や村には薪を割ることができる作業場があるぞ。

ただし、薪割りには「木こりの斧」のアイテムが必要だ。

また、薪は専用のNPC(リバーウッドの場合は、ホッド)にひとつ「5G」で売れるので序盤の金策にはもってこいだ。ほぼほぼ放置プレイでいけるからな!



おまけ③ 「初めての鍛造作業やってみた」

アルヴォアの鍛冶屋を見学してみることに。

せっかくだし、何か手伝えることはないかしら。

そうしたら、アルヴォアから「ダガー」と「皮の兜」の制作を頼まれたわ。

私、全くのど素人だけどできるのかしら。

アルヴォアが手順を教えてくれたから、無事2つのアイテムを作ることができたわ。

自分で作った装備や武器って、不思議と愛着が湧くものよね。

なかなか楽しかったわ。

アルヴォアに報告すると、私が作ったダガーと皮の兜はプレゼントしてくれるって!

この人、どこまで親切なの。

ありがとう。

でも被り物は苦手だから、皮の兜は置いていくわ。

その代わりダガーは護身用として持っていくわね。

故ロキール
故ロキール

スカイリムのクラフト要素として重要な1つが「鍛治」だ。

武器や防具をクラフトしていくことで、スキルが上がっていくのは錬金術と同じだが、スキルレベルを上げてパークを取得することで作れる装備の幅が広がっていくんだ。また、強化できる装備の最大値にも影響するんだ。

次回:「極サバ」プレイ日記Day3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です