ゲーム

RPGツクールMVでキャラクタークリエイト機能を実装してみた

こんにちは!ウマロです。

RPGツクールMV(以下、MV)を先日Steamで購入しました!

Macにも対応とのことで、これは買わざるを得ない衝動に駆られ、迷わずポチっちゃいましたよ。(ちょうどセールでしたしね!)

過去に何作かこのシリーズは購入したことがあったのですが、どれも制作途中に志半ばで心が折れてしまいました。

初心者あるある

とてつもない長編RPGを作ろうとする・・・

 

「よーし、FFみたいな超大作RPGを作るぞ!」@^^@

 

一週間後・・・

「やべ、ストーリーおわた!!てか、つまんなすぎワロタwww」( ゚д゚)

 

てな感じで、全く制作が捗りませんでした・・・

俗にゆう、「エターナル」ってやつです。笑

まあ、多分今回も、その二の舞になりそうな気がしますが、ちょこちょこっと遊んでおります!٩( ‘ω’ )و

 

で現在は、昔ながらのウィザードリィ風RPGを作ってみたくて、色々試行錯誤をしております。

ウィザードリィ?何それと思われる方もいるかと思いますが、一言で言うと高難易度の3Dダンジョンゲームで今でいうと3DSでお馴染みの「世界樹の迷宮シリーズ」と同ジャンルです。

ウィザードリィについての魅力を語ると、今回の記事の内容と脱線するので今回は割愛しますが、今でも根強いファンが多く存在している作品です。

ウィザードリィは全てのRPGの始まりともされており、あの有名な「ドラクエシリーズ」や「FFシリーズ」を手がけた製作者たちも、この作品から影響を受けたとか。

※ちなみにドラクエの戦闘画面は、「ウィザードリィ」の戦闘画面に寄せて作られています。また、マップを移動する様は「ウルティマ」というゲームを参考にしたそうです。

ウィザードリィの戦闘画面
ドラクエⅡの戦闘画面

 

ね?

なんか似てるような気がしませんか?笑

ウィザードリィ風キャラクタークリエイトの実装

ウィザードリィといえば、まずはキャラクタークリエイト!

と言うわけで、ウィザードリィ風のゲームには必須なキャラクタークリエイト機能をMV上で作ってみました!

冒険者たちはまず、街の「冒険者ギルド」に訪れるところから始まります。

そこには、可愛い「受付嬢さん」があなたたち冒険者を出迎えてくれます。

冒険者ギルドに登録することで、その街での依頼をこなす権利が与えられる設定です。

ゲームプレイヤーは彼女の質問に答えていくことで、キャラクターを作成していきます。

最初に4人のキャラクターを作ります。

 

キャラクタークリエイトの順番は以下のようになっています。

1.性別
2.種族
3.カラータイプ
4.職業
5.信仰神
6.経歴
7.名前
それぞれの設定内容について、実際に作った画面を元にご紹介します!

1.性別

まず初めに、性別の設定を行います。

画像にもあるように、男性と女性どちらを選択してもステータスに違いはありません。

(違いを持たせても面白いかもしれませんね)

この後に続く、キャラクターの画像が変化します。

2.種族

続いて種族の選択です。

今回は、「人間」「エルフ」「ドワーフ」「ノーム」「ダークエルフ」「フェアリー」の6種類を選べるようにしてみました。

それぞれ初期パラメータが若干異なり、それぞれに得意、不得意な部分があります。

また、選択肢を変更すると、左に写っているキャラ絵が変更するようにしています。

これは「MessageSelectPicture」(製作者様:トリアコンタン様)というプラグインを使って実装しています。

プラグインURL:https://tm.lucky-duet.com/viewtopic.php?t=461#p1154

使い方は説明を読めば難なく使えると思います。

エルフ♂
ドワーフ♂
ノーム♂
ダークエルフ♂
フェアリー♂

(男のフェアリーのキャラ絵、なんか気持ち悪いっすね笑・・)

もちろん、女性を選択するとそれ用のキャラ絵が表示されるようにしています。

3.カラータイプ

1種族ごとに3パータンのカラータイプが存在します。

まんま、「世界樹の迷宮」シリーズみたいな設定ですね笑

カラーバリエーションも少ないし、「赤」「青」「緑」の3色からしか選べません。

(そもそもMVのカラー設定上、あんまりパターンがないんですよね・・・)

4.職業

次は職業の選択です。

「戦士」「狩人」「魔法使い」「プリースト」「盗賊」の5種類しかありません。

オーソドックスなバリエーションにしてみました。

選んだ職業によって、扱える武器や装備できる防具が異なるようにします。

どの職業がどんなスキルや魔法を使えるようになっていくかなどの設定はまだできていません。

5.信仰神

「信仰神」は、そのキャラクターがもつ生まれ持った恩恵に影響します。

恩恵は、戦闘中に発動することによって攻撃力にバフがかかったり、HPを回復したりなど、信仰する神によって異なるようにしています。

これは、スカイリムの影響を受けています。笑

6.経歴

ステータスに一切関与しない設定ですが、キャラクターのバックグラウンドとして設定をします。

完全にソードワールド 2.0のパクリです。はい、すみません。

選んだ経歴によって、そのキャラクターのプロフィール内容が変化するようにしています。

7.名前

最後にキャラクターの名前を決定します。

6文字まで指定可能にしています。

自分でキャラクターの名前をつけることで、愛着がわきますよね!

受付嬢さんも、あなたがつけた名前で呼んでくれます。( ´∀`)

 

はい!

そんな感じで残り3人のキャラクターを作成していきます。

作成後のメニュー画面がこちら、

こんな感じでウィザードリィ風のキャラクタークリエイト機能を作ってみました。

が、ウィザードリィと言えば、肝心なボーナスシステムの概念がまだ実装できていません・・・。

ボーナスシステムとは、キャラクター作成時にランダムで与えられるポイントでステータスのパラメータを上乗せできるというものです。

例えば、ボーナスポイントを仮に6もらったとしたら、力に+3、速さに+2、体力に+1ボーナスポイントを振ることができるといった具合です。

なんかそれ用のプラグインがあるっぽいので、実装を検討している最中でございます!



今後の予定

とりあえず、キャラクタークリエイトの部分は完成したので、次は拠点となる街の施設なんかを作っていきたいです。

ダンジョンもウィザードリィみたいに3Dにしたいので、それ用の設定も勉強しなければ!

冒頭にもありましたように、エターならないようちょこちょこと作っていきたいと思います!

今回実装したキャラクタークリエイトのイベント設定についても、機会があればご紹介したいと思います。

ではでは〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です