ゲーム

【PS4】時間がない社会人ゲーマーがそれでも遊びたいPS4ゲーム3選!

こんにちは!ウマロです。

先日、PS4の総売上台数が1億台を突破したということでネットではニュースになっていましたね。

PS4が日本で発売されてから、いつの間にか5年も経っていることに今更ながら驚きましたが、まだまだ勢いが衰えないのはさすがですね!

私が4年前に買った最初期モデルのPS4も、ゲームによっては爆音を上げるくらい元気に動いていますが、最近外付けSSDを取り付けたので幾分かマシになりました笑

さて、そんな5年もの歳月の間には「神ゲー」と人々から呼ばれるゲームもいくつも登場しましたよね。

私も大学生の頃は、時間を忘れてたくさんのゲームで遊んできました。

ですが、社会人になり新タイトルが発売されても時間がなく未だにプレイできていない「神ゲー」が結構あるんですよね・・・(中には動画だけで済ませてしまうものもあったり)

そこで、今回は私がいつかはプレイしたいPS4のゲームをランキング形式で3本ご紹介します!

それでは、行ってみよー!♪( ´▽`)

第3位 ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて

  • ジャンル:RPG
  • 発売日:2017年7月29日
  • 開発元:スクウェア・エニックス

国民的RPGドラゴンクエストシリーズの最新作であり、Amazonのカスタマレビューでも⭐️4以上の評価を得ている約束された神ゲーです!

発売前はPS2以来のドラクエということで、

( ゚д゚)「ぜ、絶対買うやつやん、これ!!」

と思ってとても楽しみにしていたのですが、個人的に発売のタイミングが悪かった・・・

理由は、その当時、私はFF14の大型追加コンテンツ「紅蓮のリベレーター」にどっぷりハマってしまっていたのです。

紅蓮のリベレーターがリリースされたのが、ドラクエ11が発売される1ヶ月前で、まさか自分がMMORPGにあれほどまでにハマるなんて思いもしませんでした。

いくら疲れていようが、仕事から帰って毎日3時間は必ず遊ぶくらいドップリハマっていました。

結局、2017年はずっとFF14で遊ぶことになりました。

その結果、FF14の喪失感と時期を逃した私は一気にドラクエへのモチベーションが下がってしまったんですよね。(ドラクエは全然悪くない)

ゲームショップにソフトが並んでても「今更プレイするのはなあ〜」と結局手に取ることはありませんでした。

そして、発売から2年後、2019年9月にはNintendo Switchで音声付きバージョンが発売されるときました。

今の私の心境は、

( ゚д゚)「もうこれ、PS4版プレイするより絶対Switch版の方が良いんじゃね?」

そんな感じですが、どこかのタイミングで絶対プレイしたゲームです!(どこってどこやねん!!)

第2位 Horizon Zero Dawn

  • ジャンル:オープンワールド・アクションRPG
  • 発売日:2017年3月2日
  • 開発元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント

オープンワールドゲームの代名詞である「スカイリム」が大好きな私は、”オープンワールド”しかも主人公が”女性””弓使い”という3拍子揃ったこのゲームの発売を、待ちに待っていました。

がしかし、このゲームも発売のタイミングが悪かった・・・

当時の私は地元から就職のために上京して、バタバタしていたんですよね。

なので、ゲームどころではなかったんです(>_<)

ようやくゲームができるような環境になったのが新人研修も落ち着いた6月ごろ、私がなにを言いたいのか後はわかりますね?

そうです、「紅蓮のリベレーター」の発売時期に完全に重なりました!(FF14は悪くない)

MMORPGは本当に時間泥棒ゲームなので、怖いです。

そして、同年の12月にはDLC同梱版のコンプリートエディションも発売されました。

オープンワールドゲームなので、これ全部クリアするとなると、100時間超かかるボリュームになりそうですよね。

今の私の心境は、

( ゚д゚)「じ、時間がねえぇぇ!100時間のボリュームなら3ヶ月かかりそう!」

そんな感じですが、どこかのタイミングで絶対プレイしたゲームです!(どこってどこやねん!!2回目)

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

第1位 ウィッチャー3 ワイルドハント

  • ジャンル:オープンワールド・アクションRPG
  • 発売日:2015年5月21日
  • 開発元:スパイク・チュンソフト

PS4で発売されたオープンワールドゲームといったらこれ!というくらい評判のある「ウィッチャー3」!(スカイリムのオリジナル版はPS3で発売されたゲームです)

剣と魔法が織りなすファンタジーゲームということで、私の好きが凝縮された濃い味ゲームであることはプレイしなくても十分伝わってきます。

Wikiの情報によると、ストーリークリアだけでも50時間、DLCを含めると100時間以上は遊べる超ボリュームのゲームになっています。

( ゚д゚)「このゲームに手を出したら最後、今年はこれ一本で遊べるやつやん」

私が発売当時プレイしなかった理由は、主人公が「白髪のおじさん」で固定であるという、人によれば本当にしょうもない理由なんですよね。

でも、私にとってキャラクタークリエイトができるゲームはそれだけでプレイする価値のあるゲームであると個人的に考えているんです!(そのせいでソウルライクゲームである「仁王」も遊ばなかったなぁ)

( ゚д゚)「なにが悲しくて、おっさんの尻を見てプレイしなきゃならんのか」

そんなことを考えていたら、なんと今日まで来てしまいました。←アホ

でも、ウィッチャー3はそんなしょうもない理由でプレイを避けるには、どうしても惜しいゲームであるということはわかっています!

発売されてから4年も経っていますが、シングルプレイ専用であるため、いつ初めても楽しめるゲームであることは間違いありません。(他ゲーも然りですが)

今の私の心境は、

( ゚д゚)「これまた、コンプリートまでに100時間以上かかるなら、他のゲームが遊べないじゃん!」

そんな感じですが、どこかのタイミングで絶対プレイしたゲームです!(だから、どこってどこやねん!!3回目)

まとめ 時間泥棒なゲームは遊ぶのが億劫になりがち

私と同じ社会人ゲーマーの方なら、一度は思ったことがあるかもしれませんが、腰をドップリ浸からせてゲームをするということがなかなか難しく億劫になって来ませんか?

クリアまでに何十時間もかかるゲームを遊ぶより、数時間でさっくりエンディングを見ることができるゲームで遊ぶが、個人的には多くなってきました。

いざ、腰を浸からせてゲームをしたとしても結局途中で投げてしまい、数ヶ月放置してそのまま積みゲーになってしまうことなんてことが、最近はザラにあります。(ニーアオートマタなんて発売日に買ったのにクリアしたのは一年後というね)

これは時間がない社会人の辛いところではありますが、時間がないからといって神ゲーと言われるゲームをプレイしないのは勿体無いとも思います。

なかなか1本のゲームを継続してプレイするモチベーションも、学生時代より続かなくなっていることが残念ですが、今回ご紹介した3本はいつか必ずプレイしたいゲームです!

あなたは時間がなくて積みゲーになっているゲームや購入タイミングを逃して購入のモチベーションが下がってしまったゲームはありませんか?

何事もそうですが、思い切って遊んでみると案外時間を忘れてドップリハマってしまうかもしれませんよ?

それでは、今回はここまで!

ではでは〜♪( ´▽`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です