IT

AWS Cloud9でphpMyAdminを使えるようにする方法

こんにちは!ウマロです。

以前、下記の記事でAWS Cloud9を使ってphpのフレームワークであるLaravelを使った環境開発手順をご紹介しました。

AWS Cloud9でLaravelの開発環境構築してみたこんにちは!ウマロです。 プログラミング学習やWEBサービスを作るにあたり、何より大変なのは「ローカル開発環境を構築すること」です...
AWS Cloud9でLaravel開発(データベース環境構築)こんにちは!ウマロです。 以前、こちらの記事でAWS Cloud9を使ったLaravelの開発環境構築をご紹介しました。 h...

今回は、「phpMyAdmin」を使ってブラウザ上でデータベースを操作できるようにするための手順をご紹介します!

本記事は、上記の記事の設定が完了していることを前提としています。

各バージョン情報を下記に記します。

  • php 7.1.25
  • laravel 5.8.3
  • MySQL 5.7.25

phpMyAdminとは

MySQLサーバーをウェブブラウザで管理するためのデータベース接続クライアントツールで、PHPで実装されている。 phpMyAdminを用いることで、SQL文を記述することなく、MySQLのデータベースに対して様々な操作が行える。 また、ユーザが任意のSQL文を記述して実行することもできる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

要するに一言で言うと、

「簡単にデータベースが操作できるPHP専用の便利ツール」

です!

phpMyAdminをインストールする

それでは早速、下記のリンクからphpMyAdminの公式サイトにアクセスして、「Download」ボタンの上で右クリックして「リンクのアドレスをコピー」(Chromeの場合)を選択します。

phpMyAdmin公式サイト

作成したプロジェクト配下のpublicディレクトリへ移動します。

cd test/public

wgetコマンドでphpMyAdminの圧縮ファイルをダウンロードします。

wget 先ほどコピーしたリンクを貼り付け

そのままEnterボタンを押すと、ダウンロードが始まります。

publicディレクトリ内にphpMyAdminのzipファイルがダウンロードされていることが確認できました!

では、このzipファイルを展開します。

先ほどのコマンドに続けて、以下のコマンドを実行します。

unzip phpMyAdmin-4.8.5-all-languages.zip

unzip半角スペースの後に「p」と入力し、「tabキー」を入力すると自動的にファイル名が補完されると思います。

コマンドを実行すると、圧縮ファイルが解凍され、publicディレクトリ内にphpMyAdminのディレクトリができていることが確認できると思います。

先ほどの圧縮ファイルは不要なので削除します。

また、生成されたディレクトリの名前を「phpMyAdmin」に名前変更しましょう。

こんな感じですね!

では、早速phpMyAdminのコンソール画面にアクセスしてみましょう!

プロジェクトのホームディレクトリに移動して、動作確認を行います。

cd ..
php artisan serve --port=8080

Laravelのトップ画面が表示されたら、URLに下記を追加してアクセスしましょう。

「(URLに追記)/phpMyAdmin/index.php

すると、phpMyAdminコンソールのログイン画面が表示されます。

ここで.envファイルに設定したユーザー名「root」を指定して実行ボタンを押します。

(パスワードはデフォルトでは空欄となっているため、未設定でOKです)

すると、パスワードを指定しなさいという旨のエラーが表示されます。

phpMyAdminを使う際は、必ずパスワード設定が必要なようですね。



MySQLのパスワード設定を変える

それでは次にMySQLにログインしてパスワード設定を行いましょう。

mysql -u root -p


MySQLにログインできたら、以下のコマンドを実行して、パスワード設定を行います。

update mysql.user set authentication_string=password("password") where user='root';

「(”password)」の部分で任意のパスワードを設定します。

今回は、そのまま「password」と設定します。

変更を反映するために、以下のコマンドを実行します。

flush privileges;

MySQLからログアウトします。

exit;

最後に、MySQLを再起動します。

sudo service mysqld restart

これで、パスワード設定が完了しました!

ここまで設定できたら、「.env」ファイルの設定も同様に書き換えておきます。

はい、これで設定は完了です。

再度、phpMyAdminのログイン画面に戻り、ログインできるか確認してみましょう!

無事、ログインはできましたか?

ログインできなかった場合は、パスワードが間違えてないか、.envファイルの設定が漏れてないか、もう一度確認してみてくださいね。

phpMyAdminを使ってユーザー登録を行う

最後に、phpMyAdminを使ってテーブルを追加してみます。

画面左側の欄から、作成したsampleDBを選択して、「テーブル作成」項目に「名前:post」「カラム数:3」を入力し、実行ボタンをクリックします。

すると、カラムを設定する画面に遷移するので、下画像のように設定します。

その後、「保存する」ボタンをクリックすることで、テーブルを作成することができます。

Cloud9のターミナル画面でも、MySQLにログインしてsampleDBにpostテーブルが追加されているか確認してみます。

この時、ログインの際のパスワードは先ほど設定したパスワードを入力する必要があるので注意してくださいね。

はい!ちゃんとsampleDBにpostテーブルが追加されていますね!

MySQL上でコマンド入力するより、簡単でわかりやすいですね!

これで、phpMyAdminの設定は完了です!!



最後に

お疲れ様でした!

今回は、Cloud9上でphpMyAdminを利用するための設定についてご紹介しました。

phpMyAdminはGUIベースでデータベースを操作できるため、とても簡単にテーブル追加などができて大変便利です。

WEBアプリケーションを開発していく上で必須と言えるものではないですが、

導入することで生産性がグッと向上すると思うので、ぜひ導入してみてください!

それでは、今回はここまで!

ではでは〜♪( ´▽`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です