IT

AWS Cloud9でLaravelの開発環境構築してみた

こんにちは!ウマロです。

プログラミング学習やWEBサービスを作るにあたり、何より大変なのは「ローカル開発環境を構築すること」です。

PHPなどのスクリプト言語はHTMLと違い、動作確認するためにはサーバー上で確認する必要があるため、サーバー設定(Apacheとか)を別途行う必要があったりします。

しかし、この「開発環境構築」で躓いてしまい、せっかくプログラミングの勉強をしようと思ってもスタートすらできず挫折してしまう人が意外と多いんですよね。

そこで今回は、AWSが提供する「Cloud9」と言うサービスを使ってブラウザ上で「簡単」にそれも「短時間」に開発環境を構築する手順をご紹介します!

この記事の最終的なゴールは以下です。

AWS Cloud9で「Laravel」の開発ができる。

そして、開発環境が整うまでの時間は、なんと1時間もかかりません

(普通、開発環境構築で躓くと平気で1日かかったりします)

AWSを使用するということで、「コストってどれくらいかかるの?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。

ご安心ください!

AWS Cloud9自体のサービスは無料です。

EC2インスタンスの使用料が別途かかりますが、「m2.micro」と言うインスタンスタイプを利用すれば1年間無料で利用することができます!

EC2インスタンスは従量課金制ですが、普段使わないときはインスタンスの使用を停止するなどの設定もあるので、安心して開発することができます!

それでは詳しく解説していきます。

事前準備 AWSアカウント作成

何はともあれAWSのサービスを利用するためには、「AWSアカウント」を作成する必要があります。

下記のAWS公式ページを参考にアカウント作成を行ってください。

なお、アカウント作成の際には「クレジットカード登録」が必要となりますので、事前に用意しておきましょう!

AWS アカウント作成の流れ

AWSアカウントが作成できたら、早速ログインしましょう!

AWS Cloud9でプロジェクト作成

AWSにログインできたら「AWSマネジメントコンソール」画面が表示されます。

そうしたら、赤枠の部分に「Cloud9」と入力し、Enterキーを押します。

AWS Cloud9のトップページが表示されるので、「Create enviroment」ボタンをクリックします。

さて、いよいよCloud9でプロジェクトを作成していきます。

設定する項目は主に以下の5項目です。

と言っても、あなたが設定するべき項目はたったの「1項目」のみです!

  • Name⇨プロジェクトの名前を設定(必須)
  • Description⇨プロジェクトの概要を設定(別に設定しなくてもいい)
  • Enviroment type⇨EC2を選択(デフォルト)
  • Instance type⇨t2.micro(デフォルト)
  • Cost-saving setting⇨After 30 minutes(default) (デフォルト)

Name environment

まずは、「Name」と「Description」の設定から行います。

赤枠の部分にそれぞれ入力を行い、「Next Step」ボタンをクリックします。

Configure settings

次に、「Enviroment type」「Instance type」「Cost-saving setting」の3項目を設定します。

と言っても既にデフォルトで設定されていますので、そのまま「Next Setp」ボタンをクリックしてもOKです。

それぞれの設定についての詳細は、以下をご参照ください。

「Enviroment type」⇨EC2とSSHの2種類があります。

EC2・・・Amazonが提供している開発環境です。

SSH・・・ご自身でサーバーを持っている場合はこちらを選択しても可。

「Instance type」⇨インスタンスの種類を選択します。中でも「t2.micro」は無料で使えますし、プログラミング学習を行う上では十分なので今回はこちらを選択します。

「Cost-saving setting」⇨EC2のラーニングコストを削減するための設定です。普段利用しないときは自動で停止してくれる設定ができます。ここもデフォルトの設定で問題ありません。

Review

最後に設定内容の確認画面が表示されるので、問題がなければ「Create environment」ボタンをクリックします。

ボタンをクリックすると、下画像のようにプロジェクト作成中の画面が表示されます。

しばらく時間がかかります(1分程度)ので、のんびり待ちましょう。

そして、プロジェクトの作成が完了すると下画像のような開発画面が表示されます。

開発画面についてざっくりご紹介します。これから使っていく上で覚えていけばOKです。

  • メニューバー⇨フォルダやファイルの作成や、プログラムの実行をブラウザ上で確認します。
  • プロジェクト⇨ディレクトやファイルを表示します。Laravelをインストールすると自動的にこちらに専用ディレクトリが作成されます。
  • エディター⇨実際にプログラムを書いていくところです。
  • コンソール⇨必要なパッケージのインストールやSQLでのテーブル作成など、Linuxコマンドを用いて開発するところです。

ちなみにコンソール画面で以下のコマンドを実行すると、既にPHPがインストールされていることを確認できます。

$ php -v

 

PHP 5.6がインストールされていることが確認できました。

ひとまずこれで、PHPの開発環境は整いました!!

次はLaravelを使うのに必要な設定を行っていきます。



Laravelプロジェクト作成

composerのインストール

Laravelのインストールには「composer」なるものが必要なので、まずはそれをインストールします。

composerとは、PHPライブラリの管理ツールです。

ざっくり言うと、これがあれば簡単にLaravelを使う上で必要なファイルなどをコマンド一発で簡単にインストールできます。

コンソール画面で以下のコマンドを実行してください。

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

インストールが完了すると、composer.pharファイルが作られますので、これを/usr/local/bin/へ移動します。

以下のコマンドを実行してください。

$ sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

では、次に以下のコマンドを実行して、composerが正常にインストールされているか確認してみましょう!

$ composer


画像のように表示されればOKです!

PHPを最新版の7.1にアップデートする

Cloud9で最初からインストールされているPHPのバージョンは先程確認したように、「PHP5.6」です。

せっかくこれから開発をしていくのですから、PHPも最新版のものにアップデートしましょう!

以下のコマンドを順に実行してください。

・PHP7.1をインストールする。

$ sudo yum -y install php71 php71-cli php71-common php71-devel php71-mysqlnd php71-pdo php71-xml php71-gd php71-intl php71-mbstring php71-mcrypt php71-opcache php71-pecl-apcu php71-pecl-imagick php71-pecl-memcached php71-pecl-redis php71-pecl-xdebug

・バージョンを最新版に変更する。

$ sudo alternatives --set php /usr/bin/php-7.1

・バージョンを確認する。

$ php -v

これで無事、PHP7.1が使えるようになりました!

composerでLaravelを使えるようにする

それでは、composerを使ってLaravelのインストールとプロジェクトを作成していきます。

例のごとく、以下のコマンドを順に実行してください。

・Laravelをインストール

$ composer global require "laravel/installer"

・Laravelのプロジェクトを作成

$ composer create-project laravel/laravel test

今回は「test」と言うプロジェクト名で作成しました。

プロジェクト作成完了まで、少し時間がかかりますが、完了すると下図の赤枠のtest配下にディレクトリが自動で作られます。

これがcomposerの力です!

・作成した「test」プロジェクトへ移動する。

$ cd test

・Laravelのバージョンを確認する。

$ php artisan --version;

赤枠部分のように、Laravel Framework (バージョン)が表示されていればOKです!

Laravelの動作確認

では最後にLaravelの動作確認を行いましょう!

以下のコマンドを実行しサーバーに接続します。

冒頭でも述べたように、LaravelはPHPのフレームワークですので、サーバーサイド言語(サーバ上で動くプログラム)であるPHPを動かすには、動作を行うサーバを起動させる必要があります。

$ php artisan serve --port=8080

このコマンドを実行中は、コンソールで入力は受け付けられませんが、新しいターミナルウィンドを開くことで操作ができます。

そのあと、メニューバー「Preview」「Preview Running Application」を選択します。

赤枠部分のような、Laravelのスタート画面が表示されればOKです!

実行を止める場合は、

「contorlキー + c」を入力します。

はい、お疲れ様です!♪( ´▽`)

以上で、AWS Cloud9でLaravelの開発環境が整いました!



最後に

以上、AWSのCloud9を使ったLaravelの開発環境構築についての解説でした!

AWSアカウント作成から実際にLaravelの開発環境が整うまで、短時間で完了できたのではないでしょうか?

AWS Cloud9を利用することで、このように簡単に開発環境を構築することができます。

個人の開発環境といえば、自分のパソコン上で構築していくものだと思っていたのですが、今の時代はブラウザ上で開発ができる時代になったんですね!

誰でも簡単に手軽に開発が始められるので、今後益々プログラミングを利用したサービス開発の敷居は下がっていくと思います。

あなたも是非、Laravelを使ってWEBサービスを開発してみて下さい!

それでは〜٩( ‘ω’ )و